FC2ブログ

Entries

2014.7.1



「今年もはや半年が過ぎました。

皆さまにおかれましては、これからもお体ご自愛くださいますよう・・・」

とCAさんが言ってました。





・・・・キャビンアテンダントさんが。







そう、わたくし大阪にひとり旅に行って参りました。

(今年の元日の計を覚えていらっしゃいますでしょうか?)



ずっと駆け足みたいに急ぎ足で行きたいところに行った2日間でしたが

そんな私にひきかえ、大阪の人々はのんびりとした口調で

たわいなさそうな会話を楽しんでいるようでした。

とても居心地のよい雰囲気でした。

夜、あべのハルカスを下から見上げて写真を撮っていると

通りすがりの仕事終わりっぽい年上の女性に

「夜もきれいなー」と声をかけられました。

そんなかんじでした。









旅の思い出

IMG_0774.jpg

「いる」感じが半端ない、圧倒的存在感。

なのに近づいてみたくなる親近感。

実物見て、何かはわからないけど納得してしまう感じ。





IMG_0876.jpg

その公園内にある国立民俗学博物館。

ここはほんとうに面白かった。

世界中どこでも、衣食住と祈りがあるんですね。

それとお酒も。

これは背負いかごいろいろの写真。





IMG_0897.jpg

阪急のシートの色鮮やかなこと。





IMG_0929.jpg

大阪に行ってみたかった目的の一つ、船場センタービル。

「行ってみたい」って言った時の大阪出身の人々の反応の訳が

行ってみてわかりました。

店の中に自転車って。





IMG_0931.jpg

綿業会館。

服作りに携わるものとして、聖地巡礼的な意味があるかないかは

わかりませんが。

このあたりはサラリーマンが沢山いました。

そういう街なのかな。





IMG_0939.jpg

ここも素敵な建物でしたわ。

何年かぶりに服を買う。

旅に来て服を買う。





IMG_0948.jpg

阿倍野に行ったのはハルカスの写真を撮るためではなく、

ここに行きたかったから!

今回の旅のメイン(と言っても過言ではない)。

お店もお料理もお酒もお店の人もお客さんも

何もかもが素晴らしかった。

「今日は店休日あけやからちょっと浅いかも」というきずし。

素晴らしかった。





そんなひとり旅でした。




















スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

BUCOLICA(ブコリカ)

Author:BUCOLICA(ブコリカ)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-