FC2ブログ

Entries

2014.7.5



国立民族学博物館の覚え書き① 着るもの編







印象的だったことは色が鮮やかでカラフルだということ。

それは日常着としての機能と、なおかつ美しいものを作る

楽しさを感じていたのではないかと思う。

その土地ならではの繊維と染色。

あるものでないものを生み出す。

きっとそれは喜びだったに違いない。







IMG_0814.jpg

白いシャツの肩に細かいギャザー。

こんなストール、持ってる。





IMG_0815.jpg

スプーンですよね。

斬新。





IMG_0816.jpg

毛皮を細く切ってフリンジみたいにするのは、おしゃれのためなんでしょうか?

それともなにか機能があるとか?

いや、おしゃれだろうな。





IMG_0818.jpg

おしゃれさん。

チェックの配色が素敵。

小粋だ。





IMG_0839.jpg

アフリカのワンピース(多分現代のもの)。

ボタンホールはざっくり手縫い。

ミシンの縫い目もあっちいったりこっちいったり。

でもそう言うことはどうでもよいのかもしれない。




IMG_0847.jpg

アラブだったっけ?結婚式に参加する少女。

白に赤の刺繍はいいですね。





IMG_0879.jpg

編んだポシェットがおしゃれ。





IMG_0881.jpg

呪文入りシャツって!

どんなシチュエーションで着るんだろう。





IMG_0882.jpg

以前、韓国でこんな布を買ってきた人がいて、

「どうにか服に仕立てられんかね?」と相談されたことがあったのですが、

こんな風に使うといいのですね。

ちなみにこれは喪服だそうです。





IMG_0885.jpg

結構魚の皮を利用した服ってあるのですね。

鮭とか。アイヌにもあったとか。





IMG_0887.jpg

この靴下、かわいい。

これ編んだ人はきっとまじめだと思う。





IMG_0889.jpg

なんて素敵なコーディネート。

でもきっと重いんだろうな。

軽くて洗濯も出来るフリースやダウンなんてなかっただろうからな。





IMG_0892.jpg

確かアイヌのもの。

肩のラインが一直線。

パターンが何となく想像できる。














スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

BUCOLICA(ブコリカ)

Author:BUCOLICA(ブコリカ)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-